スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然記念物第243-1号 そんなワシ知らない

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ



ワシの話題をふたつ。

一つ目は、「ソウゲンワシの脱走」。

個人が飼っていたゾウゲンワシが脱走し、騒動になっていたのですが、

無事発見され、飼い主の指笛で腕に戻ってきたそうです。

ヨカッタですね。




ところでソウゲンワシって何?

COLLINS BIRD GUIDEで調べてみると、東ヨーロッパからシベリア東部などで繁殖し、冬はアフリカ大陸に渡る鳥のようです。

日本の動物園では、四天王寺動物園で飼育されているだけなのに、個人が飼っているとは。。。

ソウゲンワシ(英名:Steppe eagle 学名:Aquila nipalensis) 全長62-74cm 翼開長165-190cm


http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011022000077





二つ目は、「口蹄疫埋却地に群がるワシ」。

記事には、「埋却地の上空にはワシ(天然記念物第243-1号)100羽以上が2.5メートルほどある羽を広げて飛んでいる」とあり、どんなワシなのか不明。

韓国の野鳥図鑑を見てみると、一番近いのが、クロハゲワシ。

日本でも記録がある鳥で、「オンライン野鳥図鑑」にも出ています。

http://www.yachoo.org/Book/Show/159/kurohagewasi/




それにしても100羽以上とはすごい数ですね。

日本だとバーダー垂涎間違いなし。

ただし、日本じゃこんなずさんな処理はありえない。

クロハゲワシ(英名:Cinereous Vulture 学名:Aegypius monachus)  全長102-112cm 翼開長234-274cm


http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=137563&servcode=400






ソウゲンワシの写真もクロハゲワシの写真もないので、何の脈絡もないカラフトワシのしょぼい画像をUPしておきます。


20110220karafutowashi.jpg


20110220karafutowashi02.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

クロハゲワシ

クロハゲワシは韓国の写真で数十羽の群を見たことがあります。日本にもう少し来てもいいのではないかとその時は思いましたが、日本はクロハゲワシが棲める環境がないですね。ちなみに数十年前に来たクロハゲワシは廃鶏を餌にしていたようですね。

鷲!

なかなか、縁がないですね!

>ビロキンさん

クロハゲワシって以前は単にハゲワシと言われていたそうですね。
カラフトワシのように定期的に飛来しないかな。

>Canonさん

数が少ないし、絶滅危惧種だからおおひらに出来ませんからね。
かといって、動物園のワシはさえないです。
大空を舞っていないと。
Welcome!!
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
今日の鳥
プロフィール
ご訪問ありがとうございます

ヨシヤ

管理者:ヨシヤ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
画像掲示板
掲示板

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
野鳥リンク
その他のリンク
メールフォーム
こちらからボク宛にメールができます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。