スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足を引きずり10キロ歩けば

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ


雨が降った翌日は、鳥が降りる。

って、どこのどいつが言ったんだ! コノヤロー!!

と、お怒りのあなた、確かに午前中の広島城は惨敗でした

けれども、午後からの某所は、ウハウハでしたよ。

やっぱり雨の次の日は鳥が降りる?




写真はブレブレでボケボケのショボイものばかりで、鳥撮と言う面ではダメな日。

しかし、野鳥観察には、最高の日でした

広島城でコケて、足をすりむきましたが



20110423ooruri.jpg (オオルリ)

20110423kosame.jpg (コサメビタキ すでに営巣)

20110423sendai.jpg (センダイムシクイ)

IMG_1126.jpg (アカハラ)

20110423yabusame.jpg (ヤブサメ)



おまけ
20110423kara.jpg




(フィールドノート)
【天  候】 くもり
【環  境】 山地
【観察種】 34種
1.カワウ13.ヒヨドリ25.メジロ
2.コサギ14.クロツグミ26.アオジ
3.ミサゴ15.アカハラ27.クロジ
4.トビ16.シロハラ28.カワラヒワ
5.イソシギ17.ツグミ29.シメ
6.セグロカモメ18.ヤブサメ30.スズメ
7.キジバト19.ウグイス31.ムクドリ
8.アオバト20.センダイムシクイ32.ハシボソガラス
9.コゲラ21.キビタキ33.ハシブトガラス
10.ツバメ22.オオルリ34.○○○○ハラ
11.ハクセキレイ23.コサメビタキ
12.セグロセキレイ24.シジュウカラ
【メ  モ】一脚を付けたサンニッパを肩に担いで10km歩いたら、肩激痛 明日はもう歩けないかも。


にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

ツグミの仲間

おー!去年、見逃した○○○○ハラではないですか?去年の春は○○○○ツグミが出たし、すごいですねー!職場の裏は今日はキツネの巣穴を見つけました。子ギツネが3匹おり、とても愛くるしく持って帰りたくなりました。鳥はセンムシが鳴いたぐらいです。ツグミ類もちらちらしたのですが、ツグミとシロハラだけでした。もっと真剣にツグミ類を見ればよかった。残念!

お~い!

 丸い鳥、ちっこいぞ~!

今日の定点、惨敗でした。

鳥撮り、止めよっかな。

敵は人

どうも人が多すぎてダメらしいです。
バーダーじゃなくて一般人。
出没するポイントが狭いのに対して、鳥が採餌できる場所は広大。
ちょっとでも飛べばもう行方不明です。
渡りですし、長居は期待できそうにないです。

>まっちゃん

定点観察は10年はヤレと言われました。
だから、もう少し頑張ってみてください。
広島城も100回行ったらイイコトは5回ぐらいですよ。
後の95回は普通の鳥たち。
それでも四季の移り変わりを実感できます。

定点観察

定点観察・・・「今日は、鳥影がまったくなかった。」、というのもデータになるんですよね。
でも、たま~にいいことがあるから、止めれないんですよね・・・(^^ゞ

10kmをサンニッパに一脚つけて肩に担いで歩くのは、こたえたでしょう。これで、鳥影ゼロならどっと疲れが出ますが、良い鳥に出会えてるので、疲れも半減かな???
私は、最近は長距離歩くときは500mmズームの手持ちに変えました。

>ともべいさん

たまにカメラなし、観察オンリーで歩くことがあります。
まったりできて最高です。
カメラがあるとつい写さなきゃって思いますが、そんなこと考えなくていいし、機動力もぜんぜん違います。
ただ、そんなときに限って、変な鳥が出て後悔するんですよ。
多分身軽なんで、より多くの鳥が目に入るんだと思います。
Welcome!!
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
今日の鳥
プロフィール
ご訪問ありがとうございます

ヨシヤ

管理者:ヨシヤ

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
画像掲示板
掲示板

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
野鳥リンク
その他のリンク
メールフォーム
こちらからボク宛にメールができます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。