スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きものは星の子

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

20110517hana02.jpg



「天国も死後の世界もない」


物理学者のホーキング博士が断言したそうです。

ボクもそう思います。

天文学と宗教は「宇宙の誕生」、「死後の世界」の面では相容れないんです。



20110517cho01.jpg



実は、「ホーキング、宇宙を語る」が発刊された頃この本を読んで、悟りを開いたというか、宗教観が変わりました。

それまでは「死」というものに大きな恐怖がありました。

それはあの世に行って帰って来た人がいないので、死んだらどうなるかわからないから。

人間、わからない未来は不安で怖い。

でも、この本を読んで、死んだらどうなるか悟ったんです。


 20110517bird02.jpg



人間の体を構成している物質の全てが星(恒星)を構成する物質の一部でしかありません。

要するに人間は特別のものじゃなくて、星の一部、星の子なんです。

星がなければ生きものは存在しないし、

死んだら体を構成している物質は分解され星の一部に戻ります。



 
20110517hana01.jpg



星にも寿命があります。

例えば太陽の寿命はあと約50億年。

もしも天国や死後の世界があるとしたら、太陽がなくなっても存在するワケですか?

生きものの源である太陽がなくなっても魂だけは残る?




「生きものは星から生まれ星に戻る」という悟りを開いてからというもの、死に対する恐怖がなくなりました。

今、余命数ヶ月と宣告されても受け入れることができます。

告知もして欲しいです。

残りの人生を有意義に生きるために。



20110517cho02.jpg



人間の体はいずれは土に戻ります。

できたら、骨壺なんかに押し込められるのではなくて、散骨、いや鳥葬にでもしてもらって自然の循環の中に溶け込み地球と一体化したいです。

けれでも、ダイオキシンやら化学物質で汚染された体を鳥に食べさせたら汚染の連鎖が続きますから、

やっぱり汚染物質は焼き切って、灰を散骨?



20110517bird.jpg



てなことを唐突に書いたら、やっぱりおかしいですよね

別に重篤な病気に罹っているワケでも、キツネがついたワケでも、バイ菌が付いた生肉を食べたワケでもないです。

できれば長生きもしたいので、おなかの贅肉を落として健康には気をつけたいです。


ただ単純に、ホーキング博士よく言った!って嬉しくなったもんで



※ 宗教を否定するつもりはないです。人にとって宗教は欠かせないものですから。



にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日は含蓄ありますね(笑)

僕は、わからない、と思っています。
天文学はマクロ科学ですが、ビッグバン以前も宇宙の終末も、ミクロな素粒子物理の展開次第では180度結果が違うと言われています。
理論物理の人たちも、統一理論には到達していないようですね。

神秘性を求めるわけではありませんが、天国があったら楽しいかも。
亡くなった愛犬に、もう一度会ってみたいですね。

No title

天国や死後の世界を否定しながら、ボクも虹のたもとで愛犬や兄が待っていてくれるから、死んでもひとりぼっちじゃないって、一方で思っていたりします(笑)
「無」は寂しすぎますからね。

その昔、地球は平らで最果ての地にはとてつもなく大きな滝があり、海の水はそこから流れ落ちていたと考えられていた時代があります。
難病も祖先の行いのせいとか、今でもそんなことを言って不安を煽る人がいますが、遺伝子が全て解明されれば原因も突き止められ、地球が丸いことが明らかなことと同じように、因果応報などではないことがハッキリする時代が来るでしょうね。
宇宙の始まりや宇宙の将来のことも、存在が予言されている未知の素粒子を確認できる観測機器の発達と理論の構築が進めば、推論と観測が一致するようになり、徐々に解明されることでしょうね。
Welcome!!
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
今日の鳥
プロフィール
ご訪問ありがとうございます

ヨシヤ

管理者:ヨシヤ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
画像掲示板
掲示板

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
野鳥リンク
その他のリンク
メールフォーム
こちらからボク宛にメールができます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。