スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥の視力

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ



鳥の目って人よりも良いと言われていますよね。

野鳥を観察していると確かにそう思います。

ところが、今日面白いことがあったんです。



小雪が舞う都市公園でスズメにパンを上げている若いカップルがいました。

白地に赤い柄物が入った毛糸の帽子の女の子の方は、紫色の紅芋の蒸しパンを食べていて、

パンの切れっ端をスズメの目の前に投げているです。

でも、スズメはパンを見つけることができない。

というのも、地面は紅葉した落ち葉で覆われ、紫色のパンは目立たないんです。



20101216suzume01.jpg
(スズメ クチバシがまだ黄色い若鳥)


隣に座っている白いパーカーを羽織った男の子は、普通の白いパンを食べてながら、スズメに投げている。

こっちのパンは地面に着地するかしないしないかのうちに先を争うようにスズメがかっさらっていく。

白だから目立つんでしょうね。




カップルが帰った後で、落ち葉の間に転がっている紫色のパンの切れ端を集め、

試しに、舗装された歩道に投げてみたんです。

すると、スズメは集まってくるのですが、見つけることができない。

人の目には、落ち葉の中だろうが、アスファルトの上だろうが、見つけることができるものなのに。

これでは人の方が目がいいことになる。



繰り返しパンを投げていると、遂に一羽が見つけくわえて飛び去る。

すると徐々に紫色のパンを見つけるようになったんですよ。

これは学習ですよね。

一度学習すると飛びつくのも早い。

紫色のパンが食べ物であるという認識と視力が結びついて初めて、人を超える視力を発揮するのかな?



20101216suzume02.jpg


鳥見を始めた皆さん、まずは身近な鳥たちを観察してみてください。

今まで気づかなかった発見がきっとあるはずです。



(フィールドノート)
【天気】 くもり/小雪
【環境】 都市公園
【観察種】
1.アオサギ 18.ユリカモメ 1F15.ヤマガラ 1C
2.マガモ ♂19.キジバト 116.メジロ 6
3.カルガモ 710.ハクセキレイ 117.シメ 2C
4.ヒドリガモ 2:211.ヒヨドリ 20+18.スズメ 5
5.ミサゴ 2F12.ジョウビタキ 1:119.ムクドリ 2
6.トビ 1F13.ツグミ 220.ハシボソガラス 1C
7.イソシギ 314.ウグイス ♀121.ハシブトガラス 15+
【メモ】都心部では初雪。さすがに人は少ないけど、相変わらず結婚式の前撮りが二組もいた。公園でも会社の周りでもハシブトガラスが激しく飛び交っているのはナゼ?





にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

 

面白い実験ですね~
いろいろな色のパンで試してみたいですね.

No title

素晴らしいですね~
いや、本当に素晴らしい脳みその使い方での観察、実験だと思いました!!!

B&W

ヨシヤさん、鳥って、色が認識できないの?
そんな、事ないよね?

最近、ウハウハ鳥、はずれっぱなしです。
こんな時は、普通種を、しっかり、撮れと、いわれました。
今週も、北に、行きます。

カワイイ~

ちょんちょんと来るスズメさんを想像して楽しみました。
かわいい~

おもしろ~い

認識と視力が結びついて初めて人を超える視力を発揮するのか>私もそう思います。

鳥は紫外線まで見えると言われますが
どんな風に見えるのかずっと知りたくてたまりません^^;

チョウゲンボウが狙うのは?

昨日、夢v-283を肩に乗せ(目玉オヤジみたいに)玄関を出ると、
家の前の電柱にチョウゲンボウが!
じ~っとこっちを見ていたんだけど、視線の先はもしや夢?e-447
と思うくらい長く見られていました。ひょっとして観察されてた?
チョウゲンだからサイズ的に夢を捕らえるのは無理だろうけど、
ここにはオオタカもいるから、「外に出たら食べられるよ!」と言い聞かせています。

>ROBINさん

鳥は頭が良いようで、そうでもないようで、でも頭が良い(笑)
ドバトよりもスズメの方が賢く見えるんですよね。

>岩渕さん

たまにはノーミソ使わなきゃカビがはえそうです(笑)
急に寒くなりましたね。
それでもまだ海水温が高いんですね。

>Canonさん

鳥は人間以上に色の見える範囲が広いです。
だから、紫色のパンに気づかないスズメが不思議なんですよ。

ウハウハ鳥、そんなに出ているんですか?
雪はどうですか?

>あさみさん

もっとも身近な鳥ですから、CityBirdingの中心的存在ですね。
都会のスズメは人慣れしています。

>tamaさん

鳥が美しいのは、色の識別に優れているからと言われます。
とても綺麗な世界かも知れませんね。

>dekochanさん

実際のところどうなんでしょうね。
子猫はカラスにも襲われますから、当然タカにもやられるかもしれません。
成猫はどうなだろ?
猫が反撃したらタカといえでも致命傷を負うかもしれません。

チョウゲンボウは、ちょっと無理でしょうね(笑)
Welcome!!
現在の閲覧者数:
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
今日の鳥
プロフィール
ご訪問ありがとうございます

ヨシヤ

管理者:ヨシヤ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
画像掲示板
掲示板

最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Twitter
月別アーカイブ
カテゴリ
野鳥リンク
その他のリンク
メールフォーム
こちらからボク宛にメールができます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。